個人輸入での医薬品購入に関して

個人輸入での医薬品購入に関して

薬を海外から個人輸入するとなると、ハードルの高そうなイメージを抱くかと思います。
個人とはいえ、医薬品を輸入するとなると、外国人と交渉する必要が出てきますよね。

そんなとき、まず立ちはだかるのが、言葉の壁。
自分のつたない中学生レベルの英語力で通用するのかと心配にもなります。

ですが、いまやインターネットで物を買うことが当たり前の時代。
世の中には「ネット通販」という便利なものがありますね。

薬の個人輸入も、このネット通販というシステムを利用して、手軽に購入できる便利なものが存在するのです。
ここでは、ネット通販を利用した薬の個人輸入について、解説したいと思います。

個人輸入とは

医薬品の個人輸入とは、海外の医薬品を個人が輸入することです。
日本では医療関係者ではない一般人であっても、既定の数量までは輸入することができます。

日本で普及している医薬品は、厚生労働省が安全性を認めて承認したものです。
これは日本国内で医薬品を販売するうえで必要なもので、ドラッグストアや調剤薬局、また医療機関で処方される医薬品も、日本国内で扱われるものについては厚生労働省の承認を得て流通しています。

海外でもその国によって形は異なりますが、同じような承認のシステムがあります。
ですが海外では、まだ日本で承認されていない医薬品がドラッグストアなどに並んでいることが少なくありません。

日本の医薬品の審査は厳しいと言われていて、外国では使用が認められているのに日本では認められていないというケースが多く存在します。
このことは「ドラッグ・ラグ」とも呼ばれています。

その一方、日本の薬機法(旧薬事法)は、海外で流通している医薬品を国内に居ながらにして手に入れることは認めています。
輸入可能な数量や使用目的に制限はあるものの、医療関係者ではない一般人であっても認められている権利です。

医薬品を個人輸入できる数量は、以下のとおりです。

  • 処方箋薬:1カ月分
  • 医薬品や医薬部外品:2カ月分以内

また、輸入できる使用目的として、個人輸入をする本人が個人的に使用する場合に限っています。

個人輸入における注意点をいくつか挙げげさせていただきます。

まず、個人輸入で手にした医薬品の利用については、全ての責任の所在は自分自身になります。
個人輸入は、薬を医師の処方箋なしで誰でも簡単に手にすることができてしまいます。
そのため、医薬品の特性を調べずに服用すると、副作用に悩まされることになったり、飲み合わせが悪くて重篤な問題を引き起こしたりということがあります。
利用する前には、購入を希望している薬の特性について、よく調べてみることをおすすめします。

また、心配な点がある時は自己判断をせず、薬を服用する前に医師に相談してみるのが賢明です。

次に、「1カ月分の数量は○錠だから」と、必ず数量ぴったりで購入できるわけではありません。
例えば、医療機関で薬を処方してもらうときのように、1錠単位で医薬品を手にできるわけではありません。

ドラッグストアなどで購入するときと同じように、箱単位での販売だったり、逆に販売者がバラ売りすることがあったりと、事業者側の都合によってその形態が変わることは念頭に置いておきましょう。

最後に、個人輸入をする本人が個人的に使用する場合に限っているため、宛名が会社名などになっていると、税関を通ることができません。
宛先は個人の名前、個人の住所で利用するのが賢明です。

個人輸入代行サイトとは

このような、個人輸入における手続きを一手に引き受けてくれる「個人輸入代行サイト」というものが存在します。

このサイトは、まるで通販サイトのように、利用者の代わりになって個人輸入をしてくれます。

海外の医薬品が欲しいときは、ご自身ひとりで製薬会社にかけあって個人輸入してみるのもいいですが、医薬品の個人輸入代行サイトを利用すると、はるかにお手軽に医薬品を手にできます。

現在、個人輸入代行サイトはインターネット上に多く存在していますが、法令を遵守していないサイトや利用者に対してアフターフォローがきちんとできていないサイトは軒並み閉鎖に追い込まれていたりします。

また、いまだに偽物を販売しているサイトがあることも事実で、信用できるサイトを選ぶには利用者自身が見る目を養うことも大切になります。

そこで、私が利用している「お薬なび」を、信用できるサイトとしてご紹介させていただきます。

こちらは、薬の特性をサイトにわかりやすく記載しているだけでなく、電話での問い合わせにも対応してくれるところ、注文品が届け先に到着するまでしっかりフォローしてくれる点でも、大変優れたサイトです。

私が知る限り、医薬品の個人輸入代行サイトは多くがメール対応のみで、電話受付をしているところはなかなかありません。
注文する際にわからないところがあると、丁寧に教えてくれますよ。
もちろん日本語でした。
自分もいろいろ教えてもらえましたのでおすすめです。

個人輸入代行サイトでの購入方法

個人輸入サイトで医薬品を購入する方法は、一般の通販サイトを利用するときとなんら変わりありません。
「買い物かご」に欲しいものを入れて「注文する」ボタンを押すだけです。

決済方法は「クレジット決済」や「銀行振込」が一般的なので、日本円で決済できます。
海外のお金を払うことにはなりませんので、ご安心ください。お薬なびさんでは「コンビニ払い」も対応しております。

利用するうえで気を付けたい点は、会社名や偽名で登録しないようにすることでしょうか。
前述したように、税関を通過することができなくなり、商品が手元に届きません。

一般の通販サイトと違うのは、海外からの個人輸入となるため、どうしても商品の到着まで時間がかかることです。

日本のように国全体のインフラが整備されているところから発送されてくるとは限らないので、商品の到着まで物理的に時間がかかることを想定しておく必要があります。

また、税関を通過しなくてはならないため、発送されてくる国によって通関の速度がマチマチだったりすることがあります。
税関で抜き打ち検査が入ったり、職員の感覚が日本人のそれとはずれていることも多々あるので、そのあたりは念頭に置いておく必要がありそうです。

個人輸入代行サイトでの支払い方法

支払方法として「お薬なび」さんでは、

  • 銀行振込
  • クレジット決済
  • コンビニ決済

が利用できます。
個人輸入サイトは基本的に前払い制を取っているところが多く、お薬なびさんも例外ではありません。

銀行振込は、商品注文時に提示された銀行口座に振り込みをすることで完了します。
クレジット決済を利用すると即時決済されるので、後日クレジット会社から送付される明細をもって、詳細を確認することができます。

コンビニ決済も、前払い制です。
注文時に案内された番号をもって、コンビニで決済することができます。

個人輸入代行サイトの輸送状況

お薬なびさんでは、発送元より商品が発送されると、荷物の「追跡番号」を教えてくれます。
この追跡番号をサイトのトップページや郵便局のホームページで入力すると、荷物の今の状況を教えてくれます。

お薬なびさんの商品は、インドなどの途上国から発送されることもあり、時折、追跡番号がネットに反映されるまで時間がかかることがあります。

ですが、それさえ気にならなければ、番号を入力するだけで荷物の現在地がわかるシステムというのはとても安心できるものだと思います。

総括

個人輸入の通販と、個人輸入代行サイトについて詳しく解説しました。
海外から薬を輸入するという行為自体が、ずいぶんお手軽に実践できる時代になりました。

私がおすすめする「お薬なび」さんはとても安心できるサイトです。
ぜひ一度、利用してみて、良さを実感していただきたいと思います。

PAGE TOP