ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品」とは、「先発医薬品」の独占的販売期間が終了した後に発売されるもので、
先発医薬品と同一が原則の薬

  • 有効成分
  • 効能、効果
  • 用法、容量

「先発医薬品」とは「新薬」とも呼ばれています。
長い時間をかけ、いくつもの研究開発を経て、新しい成分の有効性と安全性が確認された後、国の承認を受けて発売された医薬品のことを指します。

これら2種類の薬には、このような定義があります。
では、ジェネリック医薬品の安さの秘密は、具体的にどのようなところにあるのでしょうか。
詳しく調べてみました。

先発薬との違い

ジェネリック薬の先発薬との違いは、ざっくり以下の表のとおりです。

研究開発にかかる期間 研究開発にかかるコスト 発売後の再審査にかかる期間 後発医薬品申請にかかる期間
先発医薬品 最長15年ほど 数百億円規模 6~10年 なし
ジェネリック医薬品 なし 約1億円ほど なし 2~3年

上の表のように、新薬とジェネリック薬では、研究開発にかかる時間やお金に歴然とした差があります。

新薬では、長い研究開発の期間や莫大な開発費が必要です。
また、発売後も再審査を経ないといけないため、その分の価格が上乗せされて一般に出回ります。

このような莫大なコストがかかっていることから、特許期間が満了するまでは、特許を保持する製薬会社が独占的にその薬を製造販売する権利を持つことができます。

対して、ジェネリック薬は新薬の特許期間が満了になってからでないと、発売することができません。

なぜ、特許期間が満了になるとジェネリック薬を製造することができるのでしょう。
それは、特許期間が満了となった薬の「発明」は、国民の共有財産と認められるからです。

そのため特許満了後は、創薬した製薬会社以外でも、その薬を開発製造することができるようになるのです。

先発薬より安い理由

ジェネリック医薬品は、開発にかかるコストが先発薬に比べて断然安くなっています。
このためジェネリック医薬品は、販売価格を抑えることができているのです。

前項の表をご覧いただいてもお分かりのとおり、新薬で必要な研究開発の期間や莫大な開発費が、ジェネリック薬には必要ありません。
また新薬は、発売後も再審査が必要なことから、その分の価格が上乗せされて一般に出回ります。

ジェネリック薬は、新薬の特許期間が満了になってからでないと、発売することができませんが、新薬で必要な莫大なコストは抑えられています。
このようなことから、ジェネリック薬は価格を抑えて販売することができるのです。

引用・参考サイト

総括

ジェネリック医薬品が安い理由について解説しました。
新薬と同じ成分で同じ効能が担保されているなら、価格の安いジェネリック薬を使うことが断然お得なのがわかりますね。
ED治療薬を通販で購入するなら、ジェネリック薬という選択も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP