アバナ(ステンドラジェネリック)

アバナ

アバナはステンドラのジェネリックとして開発されたED治療薬です。成分はステンドラと同じアバナフィルです。

アバナフィルはこれまでのED治療薬を改良した特徴があり、即効性に優れ効果が高く、副作用も抑えられています。食事の影響も受けにくいため、タイミングを気にせずに使用できるため、世界で注目のED治療薬です。

正規品のみ扱っている安心・安全な「お薬なび」さんで格安通販出来ます。Amazonや楽天では購入出来ません。
アバナ50mg

内容量 価格 単価(1錠)
4錠 1,520円 380円

アバナの特徴

アバナはインドのサンライズレメディース社が開発した、ステンドラのジェネリック医薬品です。成分はアバナフィルが配合されているため、先発薬のステンドラと同等の効果が期待できます。他のED治療薬同様、EDの症状を改善する働きがあります。

アバナの先発薬であるステンドラは「第4のED治療薬」として開発され、これまでのED治療薬のメリットである即効性と勃起を硬く維持する効果を生かし、デメリットである副作用や食事との影響を改良しています。

アバナは即効性が高く、服用して15~30分で効果が現れ、45分で血中濃度がピークとなります。効果時間は3~6時間と他のED治療薬に比べると短くなっています。しかし、食事の影響を受けにくいため、どんな状態で服用してので、タイミングを逃すことなく効果を発揮できるので、この時間でも十分性行為を行うことが可能です。

錠剤は赤色の三角形です。1錠の用量は50㎎、100㎎、200㎎の三種類あります。

アバナの効果・効能

アバナの成分アバナフィルは、バイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフィルなどと同じEDを改善するPDE-5阻害剤です。

勃起を抑える働きのある酵素PDE-5を阻害することで、勃起をしやすい状態にします。
PDE-5は勃起を促進する物質「サイリックGMP」を分解し、不活性化させる酵素です。サイリックGMPは陰茎の動脈や海綿体を緩ませ、多くの血液を流入させ勃起をさせる働きのあるのある物質です。アバナフィルは、PDE-5を阻害することでサイリックGMPの量を増やす働きをします。

アバナフィルは水に溶けやすい性質があり、成分を体に吸収しやすいため、即効性に優れています。

体からの代謝も早いため、効果時間は他のED治療薬に比べ、短くなります。
アバナフィルはあくまでも勃起をサポートする働きのある成分です。性欲を増強させたり、服用しただけで勃起をする働きはありません。勃起は性的刺激や興奮があって初めて起きるものとお考えください。

アバナの値段

アバナ50㎎

錠数 価格 単価(1錠)
4錠 1,520円 380円
20錠 6,840円 342円
40錠 12,920円 323円

アバナ100mg・200mg

錠数 価格 単価
100mg/4錠 2,400円 600円
100mg/20錠 10,800円 540円
100mg/40錠 20,400円 510円
200mg/4錠 4,950円 1237円

アバナは国内では未認可となっているため、病院や専門のクリニックで処方や薬局で購入することはできません。
購入する場合は、個人輸入代行サイトを利用した通販のみとなります。まとめて購入することで、1錠あたりの単価が下がるのでお得です。

アバナの通販サイト価格比較

Amazonや楽天では購入出来ません。
【アバナ100mg】

サイト名 内容量 価格 単価(1錠) 購入先
お薬なび 4錠 2,400円 600円
ベストケンコー 4錠 3,996円 999円
メデマート 4錠 2,400円 600円
ユニドラ 4錠 3,414円 853円

※2020年1月の情報です。

アバナの副作用

アバナは副作用が抑えられた開発がされています。しかし、医薬品なので副作用が全くない訳ではありません。
確認されているアバナの主な副作用には以下のものがあります。

  • 血管の拡張による、血圧の低下
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 顔の火照り

これらの副作用は、アバナフィルの血管拡張作用によるもので、陰茎に血流が集まることで症状が緩和されるようになります。
その他、修験頻度が不明な特異な症状として、以下の副作用があります。

  • 視覚異常

視界が青みがかったように見える症状。青や緑の区別が付きにくくなります。

  • 非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)

視神経に血液が送られず、視神経の細胞が機能不全や壊死を起こし、急激な視力低下などになる恐れがあります。

  • 持続勃起症(プリアピズム)

痛みを伴う勃起が4時間以上続いたり、勃起が治まるのに時間がかかる場合、持続勃起症の可能性があります。陰茎の動脈に破綻が起きることが原因とされます。
これらの症状が現れた場合は、アバナの使用を中止し、専門の医師に相談してください。

アバナの注意点

アバナには服用に関して注意点がいくつかあります。服用する前に必ず確認してから、使用してください。

併用禁止薬

以下の医薬品はアバナとの併用が禁止されています。

  • 硝酸剤・NO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド)

併用により、降圧作用が強く現れる恐れがあります。

  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)

併用により、QT延長作用(不整脈など)が強く現れる恐れがあります。

  • CYP3A4阻害薬(抗真菌薬、抗HIV薬、抗生剤、ケトコナゾール、イトラコナゾールなど)

併用することで本剤の血中濃度が高まり、副作用が強く出てしまう恐れがあります。

併用注意薬

アバナには以下の併用に注意が必要なものがあります。

グレープフルーツ

グレープフルーツやその果汁に含まれる成分フラノクマリン酸には、薬の代謝を遅らせる働きがあります。成分が長く体内に留まると成分の再吸収が起こり、副作用が強く現れる場合があります。

降圧剤

併用することで、血管拡張作用が強く出てしまい、急激な血圧低下によるめまいやふらつきが起きる恐れがあります。

CYP3A4阻害薬・誘導剤(リトナビル・サキナビル・ダルナビル)

アバナと併用することで血中濃度が高まり、副作用が強く出てしまう恐れがあります。

服用出来ない方

以下の条件に当てはまる方は、アバナの服用は控えて下さい。

  • 重度の肝機能障害・腎機能障害がある方、または人口透析を行っている方
  • 成分のアバナフィルにアレルギーのある方
  • 低血圧、高血圧の方
  • 不整脈、狭心症、心不全などの疾患のある方
  • 半年以内に心臓の手術を受けた方
  • 半年以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞になった方
  • 血液細胞に障害のある方(多発性骨髄腫、白血病、鎌状赤血球貧血)

他のED治療薬より使用制限が多いのでご注意ください。
アバナとアルコールの併用は問題は無いとされていますが、アバナには血管拡張作用があるため、アルコールの巡りが早まります。服用の際にはアルコールの飲み過ぎにはご注意ください。

注意点まとめ

アバナは日本では未認可の医薬品のため、購入する場合は海外医薬品を扱う通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用します。そのため、医師の処方箋が無く医薬品を購入するため、使用に関しては全て自己責任のもとになります。

処方箋がある場合は、医師や薬剤師から医薬品に対しての説明や注意点が伝えられますが、個人輸入代行サイトからの購入の場合は、自分で注意点を確認する必要があります。

アバナの口コミ

こちらでは個人輸入代行サイトに寄せられた、アバナの口コミをまとめています。

福井県(40代後半)

レビトラやバイアグラより使い心地がいいので、こっちの方がいいですね。お酒やご飯の後でも使えるのもありがたいです。

静岡県(40代後半)

かなりの勃起具合です。どのED治療薬でも一緒だと思っていましたが、アバナは副作用もきつくないし、切れの早いのも翌日に残らくていいです。

鳥取県(30代後半)

レビトラと比べてしまいますね、速さとか聞き具合とか。でも好みとしてはこっちの方かな。

口コミまとめ

アバナの即効性と効果の高さは、他のED治療薬と比べても高く、使用した方にはとても好評の様です。

アバナの体験談

こちらでは個人輸入代行サイトに集められた、アバナを使ってみての体験談をまとめました。

佐賀県(40代後半)

さすが新しいED治療薬です、とにかく飲んだらすぐ効いてきます。以前はセックスなんてしないと思っていた妻も、カチカチのペニスには文句が無いそうです。

大阪府(50代後半)

医学の進歩は罪深いものです。この年になってもセックスが出来てしまいます。男はアバナがある限り、枯れることは許されない時代になりました。長生きしないといけませんね。

奈良県(60代前半)

自分が幼かった頃の今の自分の年の人はよぼよぼのおじいさんという印象でしたが、その年になった自分はまだ40代ぐらいの気持ちです。老衰でもしっかり勃起させてくれる薬があるうちは、まだ男でいられます。今日も贔屓にしてるデリヘルさんを呼びたいと思います。

体験談まとめ

アバナは新しいED治療薬なので、効果が高く副作用も少ないので、使用に関してはいい反応が見受けられます。

アバナの総括

アバナは新しいED治療薬「ステンドラ」のジェネリック医薬品です。即効性に優れ、副作用が抑えられ、食事の影響を受けにくいなど、これまでのED治療薬のメリットを生かし、デメリットを改良した「第4のED治療薬」として期待されています。

アバナは現在、日本で未認可となっている医薬品です。病院や専門クリニックでは処方されていません。購入する場合は、個人輸入代行サイトを利用してください。

これまでのED治療薬では体に合わなかった方におススメです。

PAGE TOP